スポンサードリンク

花粉症対策と肌カテゴリの記事一覧

“花粉症対策”と“スキンケア”

“花粉症”が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しい“スキンケア”を行うことが重要な対策です。

まず、“低刺激の化粧水”でしっかりと“保湿”をし、化粧をする場合は“下地をしっかり”と、“ファンデーションは薄め”に押さえるようにのせます。
花粉のつきやすい“油性”のものは避けます。

“花粉症”の人はシンプルな化粧を心がけ、アイメークはアイライン、マスカラ程度にして、色物は避けます。
“ノーメイク”では花粉が直接肌に触れ、かえって刺激を受けてしまいます。
ただし皮膚剥けがひどい場合はできるだけ“ノーメイク”にし、“保湿ケア”をしっかりと行います。

帰宅後はすぐにクレンジングと洗顔で付着した花粉を洗い流します。
長い時間顔に花粉がついた状態は肌のかゆみの原因になるためです。

その後、化粧水で水分を補います。
肌にかゆみや炎症を起こしている場合は“消炎効果のある化粧水”が効果的です。

乳液や美容液などの“保湿剤”も、皮膚の再生を促進する成分を含んでいるものが効果的です。
肌の再生を早め、“バリア機能”を高めてくれます。

化粧水や乳液を肌に載せるときには、“軽くたたく”ように行うことが基本です。
肌を横滑りしたり、すり込みすることは摩擦によって肌を痛めることになります。

また“スクラブ入り”や“ピーリング系”の洗顔料は刺激が強いため、“花粉症”の季節には使用を止めたほうが無難です。
クレンジングは“オイル系”より“クリームタイプ”か“水性ジェルタイプ”のものの方が肌に負担をかけません。

“花粉症”の季節は空気が乾燥し、紫外線も強くなりつつあります。
また目をこすったり、鼻をかみすぎたりして肌はデリケートな状態になっています。
“花粉症”の季節は毎日の“スキンケア”を正しく、より丁寧に行うことが大切です。

“花粉症対策”と肌

“花粉症”の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。

“花粉症”の時期は空気が乾燥し、“紫外線”も強くなってきています。
そこへ花粉の刺激が加わることで顔がかゆくなったり、部分的に肌荒れを起こしたりするのです。
“花粉症”の薬には皮脂量を増やす作用があるため、“ニキビが悪化”することもあります。

皮膚はもともと“バリア機能”を備え持ち、外からの刺激をまともに受けないようになっています。
“バリア機能”が高い健康な肌には花粉の異種タンパクは侵入することはできません。
しかし“バリア機能”の低下している肌は、乾燥が進み、肌表面の角質がどんどんめくれあがってきます。
その部分から異種タンパクが侵入し“炎症”を起こすのです。
“バリア機能”が低下している肌は刺激に弱い肌になるということです。

肌の“バリア機能”は、目をこすったり鼻を繰り返しかんだりすることによる摩擦刺激や、その他日常の間違った手入れの方法など、さまざまな原因によって起こります。
手やティッシュの摩擦刺激に十分注意し、毎日正しい“スキンケア”を行うことで“花粉症”による肌トラブルは抑えることができます。

“花粉症”による肌のトラブルは、ほとんどが顔と首に集中して起こります。
それは顔や首が衣類に覆われずに露出しているためで、花粉が直接付着してしまうからです。
外出時にはできるだけ肌を覆うように心がけることも必要です。

“花粉症”の薬によるニキビの悪化が気になる場合には薬剤師などに相談することです。

そして十分な睡眠とバランスのよい食事をとり、ストレスをためない生活を送ることが“花粉症”の季節には特に大切です。
スポンサードリンク
花粉症対策:内容紹介
花粉症と対策グッズ
洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが開発され、種類も多様化しています。
花粉症対策と食生活
“欧米型の食生活”が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えている可能性が考えられます。
花粉症対策と身近な食品
“花粉症”の人が積極的にとりたい食品は“温性食品”です。
花粉症対策と乳酸菌
“花粉症”対策のひとつとして最近話題となっているものに“乳酸菌”があります。
花粉症対策とお茶
“花粉症”対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものをご紹介します。
花粉対策とアロマセラピー
“アロマセラピー”とは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。 現在では香りや“癒し効果”にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。
花粉症対策とハーブ
欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くから“ハーブ”が用いられていました。 日本でも近年、“花粉症”で苦しむ人の増加によって、“ハーブ”の持っている力が注目されています。
花粉症対策と眼鏡
“花粉症”による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要で、それには“眼鏡”の着用が有効です。
花粉症対策とマスク
近年、薬局などの“マスク”売り場では多くの種類の“マスク”が並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。
花粉症対策と洗濯
“花粉症”の季節、“花粉症”の家族がいる場合は“洗濯方法”にも対策が必要です。
花粉症対策と掃除
“花粉症”対策の基本はこまめに“掃除”をすることにあります。
花粉症対策と外出
“花粉症”の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることで、ほとんど抑えることができます。
花粉症対策と妊婦
妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで“花粉症”でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、反対に“花粉症”が治ったりすることがあります。
花粉症対策とこども
“花粉症”が注目を集めた頃は、「小児に“花粉症”はみられない」という見解が一般的でしたが、現在では子供の“花粉症”は全く珍しくありません。
花粉症対策と花粉症緩和米
農林水産省では所轄の研究所で“スギ花粉症緩和米”の開発にむけて研究を行っています。 この“スギ花粉症緩和米”とは、“食べるだけで“花粉症”の症状がよくなる”という便利で画期的な米です。
花粉症の予防対策
体調管理や“体質改善”などでシーズンオフから予防対策をすることで、翌年の“花粉症”の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。
花粉症対策と東京都
東京都では総合的な“花粉症”対策を推進するために2005年に“花粉症対策本部”を設置しました。 “花粉症対策本部”では“花粉の少ない森づくり”を目指して様々な取り組みを行っています。
花粉症対策と体質改善
体質を改善することは重要な“花粉症対策”の一つです。 “体質改善”には日常の生活習慣を見直す必要があります。
花粉症対策と漢方薬
“花粉症”の有効な対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段として“漢方薬”があります。
花粉症対策と鼻呼吸
“花粉症”対策の一つとして“鼻呼吸”が注目を集めています。
花粉症対策と空気清浄機
“花粉症対策”として“空気清浄機”を選ぶときには“フィルター”つきであることが重要です。 花粉の大きさより細かい目の“フィルター”である必要があります。
花粉症対策と家電製品
近年、“花粉症”対策のさまざまな家電製品が発売されています。 年々性能も向上し、新しい機能がつきますます便利になっています。
花粉症対策とサプリメント
現代では野菜などの食品に含まれる栄養素の量が少なくなっているのも現実です。 昔と同じ栄養を今摂ろうとすると昔の何倍も量を食べなければならないのです。 そこで足りない栄養素を手軽に補うものが“サプリメント”です。
花粉症対策とプロポリス
“プロポリス”には多くの栄養成分が含まれています。その中でも“フラボノイド”は20種類以上含まれており、抗ストレス作用、殺菌作用など多くの働きがあります。
花粉症対策と目
“花粉症”の目の不快な症状は、“季節性のアレルギー性結膜炎”ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。
花粉症対策と鼻
“花粉症”は“アレルギー性鼻炎”の一つで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。
花粉症対策と肌
“花粉症”の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。
花粉症対策とスキンケア
“花粉症”が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しい“スキンケア”を行うことが重要な対策です。
花粉症対策とストレス
“ストレス”による病気は数多くあり、身体に悪いということは周知の通りですが、“花粉症”も例外ではありません。
花粉症対策とヨガ
“ヨガ”は“免疫バランス”を整えます。 “免疫バランス”は“花粉症”の症状と密接に関わっており、実際に“ヨガ”を始めたことで“花粉症”の症状が大きく改善されたという人が少なくありません。