スポンサードリンク

心と身体を強くして“花粉症”に勝とう!

自律神経のバランスが崩れているときは、体調とともに“花粉症”などの“アレルギー”性の症状というものも悪化していきます。
“アレルギー症状”が悪化しないためには、身心を強くしていくというのも“花粉症”の予防・対策の一つになると思います。

まずは“鼻”についてです。“花粉症”になってしまうと鼻の粘膜がかなり過敏になってしまいます。花粉はもちろんのこと、タバコの煙やほこりでさえも症状を悪化させてしまう可能性があるのです。ですから、運動をして血行をよくし鼻の粘膜の血行もよくなれば、鼻づまりの症状が軽くなったりします。

次に食生活についてですが、“花粉症”の予防・対策になることをいくつか挙げてみましたので参考にしてみてください。

・栄養バランスが取れた食生活を送りましょう。
・“3食”規則正しくとるようにしましょう。
・辛いもの、アルコールなどの刺激物を控えるようにしましょう。
・レトルト食品をとるのを控えるようにしましょう。
・身体を温めるために、冷たいものではなくて温かいものをとるようにしましょう。
・アレルギー対策効果があるといわれる食材を摂取するようにしましょう。
・肉・乳製品・卵を摂り過ぎないようにしましょう。

何点かあげてみましたがいかがでしょうか?
また、睡眠を十分にとることもかなり大切です。睡眠不足だと体力的にも衰えてきますので、睡眠をしっかりとるように心がけましょう。

食生活や運動など、身心を共に鍛えるということが重要な事です。身心を鍛えて免疫力を挙げ、“花粉症”などの“アレルギー反応”を改善させていくようにしましょう。

“花粉症対策”にはまず体質改善から!

“花粉症”は突然発症したりしますよね。今までは花粉が舞い散る季節になってもなんの関係も無く過ごしていたのに、今年に限ってなんか鼻がムズムズしたり、目がかゆかったり、クシャミが出たり・・・
気づいたら“花粉症”になっていた!という人も結構いると思います。

なぜ、何もしてないのに突然“花粉症”になったりしてしまうのでしょうか?

たぶん、“体質”が大いに関係しているのではないかと思います。抵抗力がなかったり、食生活が偏食だったり、疲れやすかったりというような体質の人は“花粉症”になりやすいという傾向があります。これから考えると、こういった体質を改善していくことが“花粉症”の予防、改善に繋がっていくのではないかと思います。

身体に抵抗力をつけるということは、“花粉症”の改善だけでなく、自律神経のバランスもよくなるなどして精神的に安定してきたりします。体質が改善されると身体の中の免疫力も正常になってくるため、花粉などの“アレルギー物質”に過剰に反応しない身体になってきます。

このためには、バランスの良い食生活、規則正しい生活を実践していき、バランスが良い身体つくりをしていくことが重要となります。

健康な身体というのは、“花粉症”だけではなく病気も寄り付かないようにしてくれます。しかし、体質改善も自己流で行って間違った方向に行くと逆効果になる場合もありますので、専門医に相談した上で自分にあった体質改善方法を見つけるようにすることをおすすめします。

“花粉症対策”と“鼻呼吸”

“花粉症”対策の一つとして“鼻呼吸”が注目を集めています。
以前から“鼻呼吸”を提唱している西原克成医学博士は、“口呼吸がさまざまな病気の原因であるとの考えから、“花粉症”、アトピー性皮膚炎、喘息などさまざまな病気に対して“鼻呼吸”を行う治療をし、実際に効果を上げているということです。

鼻から空気を吸う“鼻呼吸”では、“鼻腔”を通る間にほこりや細菌などの異物が除去され、同時に“加湿”されます。
その空気は肺で酸素を吸入しやすい状態になります。
つまり、鼻は“優秀な加湿器”と“空気清浄機”の役割を果たしているということです。

人間は今では鼻と口のどちらでも呼吸をすることができますが、もともと人間を始めとする哺乳類は鼻だけで呼吸をしていました。

“口呼吸”では、空気と一緒に吸い込んだほこりや細菌によって扁桃腺組織を痛め、その機能を低下させてしまいます。
その結果免疫力が低下して、“花粉症”など様々な病気を引き起こすというわけです。
要するに、人間の身体は口から吸った空気をきれいにする仕組みになっていないのです。

一度“口呼吸”が身についてしまうと、なかなか“鼻呼吸”には戻せないものです。
花粉の飛んでいないシーズンオフから少しずつ“鼻呼吸”に取り組む対策が必要です。

その方法として睡眠中に“濡れマスク”を利用するのも効果的です。
睡眠中は無意識に“口呼吸”をしていることが多いものですが、“濡れマスク”をすれば口で呼吸をしにくくなります。
さらに“マスク”の水蒸気を吸い込み鼻の通りがよくなることで自然と“鼻呼吸”が身につきます。

昼間は意識的に口を閉じて“鼻呼吸”をする心がけが大切です。
市販の“鼻呼吸グッズ”も多くでているので試してみるのもよい方法です。

“花粉症対策”と“漢方薬”

“花粉症”の有効な対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段として“漢方薬”があります。
漢方医学的にみると“花粉症”は体から鼻水、涙などの“水”が噴出している状態であり、つまり“水毒”であると考えられています。

“花粉症”の治療や“体質改善”を目的として処方される“漢方薬”には次のようなものがあります。

まず、“小青竜湯(しょうせいりゅうとう)”。
“花粉症”に“冷え”は大敵ですが、これは身体を温めて“寒気”を取り除き、風邪を発散する作用があり、冬の間の“冷え”が残っている“花粉症患者”の身体をこの“小青竜湯”で温めることによって症状を緩和させることができます。
また水様性の鼻水や涙目、咳にも効果があります。
“花粉症”では最初に処方されることの多い薬ですが、風邪や気管支炎、喘息など幅広く応用されています。

“麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)”は“小青竜湯”で体が十分温まらない時に、“小青竜湯”と合わせて用いられます。
体力の無い人や中高年にも多く用いられています。

“衛益顆粒(えいえきかりゅう)”は胃腸の働きを高めて、免疫機能を整える作用があります。
風邪の予防、治療に多く使われています。

“八仙丸(はっせんがん)”は口やのどの渇きを抑え、肌の乾燥やかゆみを軽減する作用があります。

他にも数多くありますが、“漢方薬”服用の際には専門家の処方やアドバイスを守ることが大切です。

漢方薬は副作用がないと思われがちですが、「薬」である以上副作用はあります。
ただし自然の成分から作られているので、化学薬品と比べて非常に少ないということがメリットです。

“花粉症対策”と“体質改善”

同じように花粉を吸っていても“花粉症”になる人もいれば、ならない人もいます。
これは体質の違いによるもので、体質を改善することは重要な“花粉症対策”の一つです。
“体質改善”には日常の生活習慣を見直す必要があります。

食生活では肉類や乳製品を控え、魚や野菜、穀類を多くとるように心掛けます。
高たんぱく高カロリーの“欧米型の食事”ではなく、昔ながらの“和食”は“体質改善”に最適です。

そして十分な“睡眠”をとり“規則正しい生活”をすることも大切なことです。
不規則な生活や睡眠不足は自律神経の失調をおこし体力も低下します。
体力の低下は“花粉症”の症状を悪化させてしまいます。

また“喫煙”は“花粉症”の大敵であるため止めたいものです。
タバコを吸う事は大気汚染の中に身をおいているようなもので、“花粉症”の症状を悪化させてしまいます。

“飲酒”は一般的にはアレルギーを悪化させるものですが、赤ワインや日本酒を適当量飲むことは身体を温める効果があり、“花粉症”の症状緩和に効果的です。
ただしビールは身体を冷やし、症状を悪化させる可能性があります。

また適度に運動することも大切です。
水泳、乾布摩擦、日光浴など適度な運動を継続的に行うことで体力もつき、ストレス解消にもなります。

体質の改善には“漢方薬”を利用する方法もあります。
“漢方薬”には様々な種類があるため、自分の症状や体質を専門医と相談の上、薬の種類を決めます。

“花粉症”と生活習慣は密接に関わっています。
常日頃からよい生活習慣を心掛けて過ごすことが“花粉症”に負けない体質をつくるのです。
スポンサードリンク
花粉症対策:内容紹介
花粉症と対策グッズ
洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが開発され、種類も多様化しています。
花粉症対策と食生活
“欧米型の食生活”が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えている可能性が考えられます。
花粉症対策と身近な食品
“花粉症”の人が積極的にとりたい食品は“温性食品”です。
花粉症対策と乳酸菌
“花粉症”対策のひとつとして最近話題となっているものに“乳酸菌”があります。
花粉症対策とお茶
“花粉症”対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものをご紹介します。
花粉対策とアロマセラピー
“アロマセラピー”とは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。 現在では香りや“癒し効果”にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。
花粉症対策とハーブ
欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くから“ハーブ”が用いられていました。 日本でも近年、“花粉症”で苦しむ人の増加によって、“ハーブ”の持っている力が注目されています。
花粉症対策と眼鏡
“花粉症”による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要で、それには“眼鏡”の着用が有効です。
花粉症対策とマスク
近年、薬局などの“マスク”売り場では多くの種類の“マスク”が並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。
花粉症対策と洗濯
“花粉症”の季節、“花粉症”の家族がいる場合は“洗濯方法”にも対策が必要です。
花粉症対策と掃除
“花粉症”対策の基本はこまめに“掃除”をすることにあります。
花粉症対策と外出
“花粉症”の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることで、ほとんど抑えることができます。
花粉症対策と妊婦
妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで“花粉症”でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、反対に“花粉症”が治ったりすることがあります。
花粉症対策とこども
“花粉症”が注目を集めた頃は、「小児に“花粉症”はみられない」という見解が一般的でしたが、現在では子供の“花粉症”は全く珍しくありません。
花粉症対策と花粉症緩和米
農林水産省では所轄の研究所で“スギ花粉症緩和米”の開発にむけて研究を行っています。 この“スギ花粉症緩和米”とは、“食べるだけで“花粉症”の症状がよくなる”という便利で画期的な米です。
花粉症の予防対策
体調管理や“体質改善”などでシーズンオフから予防対策をすることで、翌年の“花粉症”の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。
花粉症対策と東京都
東京都では総合的な“花粉症”対策を推進するために2005年に“花粉症対策本部”を設置しました。 “花粉症対策本部”では“花粉の少ない森づくり”を目指して様々な取り組みを行っています。
花粉症対策と体質改善
体質を改善することは重要な“花粉症対策”の一つです。 “体質改善”には日常の生活習慣を見直す必要があります。
花粉症対策と漢方薬
“花粉症”の有効な対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段として“漢方薬”があります。
花粉症対策と鼻呼吸
“花粉症”対策の一つとして“鼻呼吸”が注目を集めています。
花粉症対策と空気清浄機
“花粉症対策”として“空気清浄機”を選ぶときには“フィルター”つきであることが重要です。 花粉の大きさより細かい目の“フィルター”である必要があります。
花粉症対策と家電製品
近年、“花粉症”対策のさまざまな家電製品が発売されています。 年々性能も向上し、新しい機能がつきますます便利になっています。
花粉症対策とサプリメント
現代では野菜などの食品に含まれる栄養素の量が少なくなっているのも現実です。 昔と同じ栄養を今摂ろうとすると昔の何倍も量を食べなければならないのです。 そこで足りない栄養素を手軽に補うものが“サプリメント”です。
花粉症対策とプロポリス
“プロポリス”には多くの栄養成分が含まれています。その中でも“フラボノイド”は20種類以上含まれており、抗ストレス作用、殺菌作用など多くの働きがあります。
花粉症対策と目
“花粉症”の目の不快な症状は、“季節性のアレルギー性結膜炎”ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。
花粉症対策と鼻
“花粉症”は“アレルギー性鼻炎”の一つで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。
花粉症対策と肌
“花粉症”の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。
花粉症対策とスキンケア
“花粉症”が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しい“スキンケア”を行うことが重要な対策です。
花粉症対策とストレス
“ストレス”による病気は数多くあり、身体に悪いということは周知の通りですが、“花粉症”も例外ではありません。
花粉症対策とヨガ
“ヨガ”は“免疫バランス”を整えます。 “免疫バランス”は“花粉症”の症状と密接に関わっており、実際に“ヨガ”を始めたことで“花粉症”の症状が大きく改善されたという人が少なくありません。