スポンサードリンク

“花粉症対策”をしよう

“花粉症”というのは、杉やブタクサなどの花粉によって引き起こされる“アレルギー性疾患”のことを指します。症状としては、花粉が眼や鼻の粘膜に入り込むことで“アレルギー”を引き起こす原因となる“アレルゲン”という抗原が体内に入ります。これを体内から追い出そうと戦うために体内で抗体という“ヒスタミン”を出して、“アレルゲン”を捕まえようとします。この“ヒスタミン”が体内に放出されるときに神経を刺激します。それで炎症を起こすということになってしまうのです。

“花粉症”を予防するに以下のようなことの実践をお勧めします。

【規則正しい生活】
十分な睡眠をとることは、身体の抵抗力を十分にするということなので、健康上の理由だけでなく規則正しい生活を送るということはとても大切なことだと言えます。

【運動】
運動をすることでも、身体を鍛えることができます。身体が鍛えられると自律神経が整えられてきて精神的にもバランスが整ってきます。このことから運動をすることは鼻の粘膜も鍛えることになるので、“花粉症”に対する抵抗力が生まれてくることになります。

【掃除】
家の中には小さな隙間からでも花粉が入り込んできてしまいます。濡れ雑巾などで花粉をしっかり拭き取るような掃除をするよう心がけましょう。また空気清浄機を使用するのも、部屋の空気中の花粉を一掃することになり効果的です。

【洗濯物】
洗濯物は極力外に干さないようにしましょう。もしどうしても外に干さなければならない場合は、カバーをつけるか、中に取り込むときに花粉をよく払い落とすなどするようにしましょう。

“花粉症”の予防として使う注射

“花粉症”の季節になってくると、鼻や目がムズムズしたりするのを抑えるために、病院から処方してもらった薬を朝晩毎日飲んでいるという方が多いと思います。しかし、実際には飲み忘れてしまう事が多かったり、薬が切れてしまっても病院に行くのが面倒で、しばらく薬無しの生活になってしまったりといった状況になってしまう方も少なくないと思います。

そういった状況になってしまうことが多い人の場合は、薬を処方してもらうより“花粉症”を予防するための注射を打ってもらったほうがいいのでは?と考えることも多いと思います。

“花粉症”を予防するための注射ですが、種類が何種類かあって、実際に“花粉症”に効果があるということも報告されているようです。注射の種類ですが、以下のようなものがあると言われています。
・減感作療法
・免疫療法(皮内注射)
・ヒスタミン添加免疫グロブリン(筋肉内注射)
・星状神経節ブロック(首に麻酔薬を注射)
・副腎皮質ホルモン(筋肉内注射)
です。

この中でも最も効果があるとされているのは筋肉注射である副腎皮質ホルモンという注射です。

しかし、副作用の問題があるため、また注射のほかに“花粉症”を予防するための治療というのがたくさんあるために、実際に注射をしてもらう人はあまり多くないようです。

それに効果も1ヶ月ほどしか持続しないようです。しかし毎日薬を飲むことに比べたら、断然楽ですよね。
文章だけで見るとものすごく便利な予防法に見えますが、副作用や他の病気との兼ね合いからもすぐには手を出さないほうがいいというのが正直なところのようです。

でも、是非やってみてもらいたいという人は、医師の診断を受けたうえでやってみるのもいいのではないかと思います。

“花粉症”の予防対策

“花粉症”は通年性の病気ですが、“スギ花粉”を原因とした“花粉症”は春がもっとも症状の出やすい季節です。
体調管理や“体質改善”などでシーズンオフから予防対策をすることで、翌年の“花粉症”の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。

毎年秋になると翌年の“花粉飛散予測”が発表されます。
基本的に“猛暑”であればあるほど翌年の総飛散量は多くなり、“暖冬”だと飛散時期が早まります。

“花粉症”治療をする場合は症状が出てからでは手遅れで、少なくとも花粉の飛散する2週間前から行うことが望まれます。

また“花粉飛散時期”に入る前には、家の中を大掃除したり、カーペットを取り除いて“フローリング”にしたり、“空気清浄機”など対策グッズをそろえたり、準備するべきことが多くあります。
あらかじめ“花粉飛散時期”や“量”の予測情報を知っておくことも大切です。

また、“冷えは万病のもと”といわれるように、“花粉症”にとっても身体の“冷え”は大敵です。
夏の間の冷房のかけ過ぎ、冷たいものの食べ過ぎは、翌年の“花粉症”の症状の悪化につながります。
冷房だけでなく、食事の面でも身体を温める“温性食品”を多くとり、冷たい飲み物を避けることが予防になります。

“スギ花粉症”の季節である春は、私たちの体力が低下している時期でもあります。
それは年末の忘年会にはじまり、正月、新年会、バレンタインデー、歓送迎会など、アルコールや身体に良くないものを食べる機会が続き、春はそれが一段落した季節だからです。
体力、免疫力のバランスが崩れているところにスギ花粉が作用するのですから、症状は悪化して当たり前なのです。
できるだけ規則正しい食生活を守り万全の体調で“花粉症”の季節を迎えたいものです。
スポンサードリンク
花粉症対策:内容紹介
花粉症と対策グッズ
洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが開発され、種類も多様化しています。
花粉症対策と食生活
“欧米型の食生活”が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えている可能性が考えられます。
花粉症対策と身近な食品
“花粉症”の人が積極的にとりたい食品は“温性食品”です。
花粉症対策と乳酸菌
“花粉症”対策のひとつとして最近話題となっているものに“乳酸菌”があります。
花粉症対策とお茶
“花粉症”対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものをご紹介します。
花粉対策とアロマセラピー
“アロマセラピー”とは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。 現在では香りや“癒し効果”にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。
花粉症対策とハーブ
欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くから“ハーブ”が用いられていました。 日本でも近年、“花粉症”で苦しむ人の増加によって、“ハーブ”の持っている力が注目されています。
花粉症対策と眼鏡
“花粉症”による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要で、それには“眼鏡”の着用が有効です。
花粉症対策とマスク
近年、薬局などの“マスク”売り場では多くの種類の“マスク”が並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。
花粉症対策と洗濯
“花粉症”の季節、“花粉症”の家族がいる場合は“洗濯方法”にも対策が必要です。
花粉症対策と掃除
“花粉症”対策の基本はこまめに“掃除”をすることにあります。
花粉症対策と外出
“花粉症”の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることで、ほとんど抑えることができます。
花粉症対策と妊婦
妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで“花粉症”でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、反対に“花粉症”が治ったりすることがあります。
花粉症対策とこども
“花粉症”が注目を集めた頃は、「小児に“花粉症”はみられない」という見解が一般的でしたが、現在では子供の“花粉症”は全く珍しくありません。
花粉症対策と花粉症緩和米
農林水産省では所轄の研究所で“スギ花粉症緩和米”の開発にむけて研究を行っています。 この“スギ花粉症緩和米”とは、“食べるだけで“花粉症”の症状がよくなる”という便利で画期的な米です。
花粉症の予防対策
体調管理や“体質改善”などでシーズンオフから予防対策をすることで、翌年の“花粉症”の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。
花粉症対策と東京都
東京都では総合的な“花粉症”対策を推進するために2005年に“花粉症対策本部”を設置しました。 “花粉症対策本部”では“花粉の少ない森づくり”を目指して様々な取り組みを行っています。
花粉症対策と体質改善
体質を改善することは重要な“花粉症対策”の一つです。 “体質改善”には日常の生活習慣を見直す必要があります。
花粉症対策と漢方薬
“花粉症”の有効な対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段として“漢方薬”があります。
花粉症対策と鼻呼吸
“花粉症”対策の一つとして“鼻呼吸”が注目を集めています。
花粉症対策と空気清浄機
“花粉症対策”として“空気清浄機”を選ぶときには“フィルター”つきであることが重要です。 花粉の大きさより細かい目の“フィルター”である必要があります。
花粉症対策と家電製品
近年、“花粉症”対策のさまざまな家電製品が発売されています。 年々性能も向上し、新しい機能がつきますます便利になっています。
花粉症対策とサプリメント
現代では野菜などの食品に含まれる栄養素の量が少なくなっているのも現実です。 昔と同じ栄養を今摂ろうとすると昔の何倍も量を食べなければならないのです。 そこで足りない栄養素を手軽に補うものが“サプリメント”です。
花粉症対策とプロポリス
“プロポリス”には多くの栄養成分が含まれています。その中でも“フラボノイド”は20種類以上含まれており、抗ストレス作用、殺菌作用など多くの働きがあります。
花粉症対策と目
“花粉症”の目の不快な症状は、“季節性のアレルギー性結膜炎”ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。
花粉症対策と鼻
“花粉症”は“アレルギー性鼻炎”の一つで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。
花粉症対策と肌
“花粉症”の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。
花粉症対策とスキンケア
“花粉症”が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しい“スキンケア”を行うことが重要な対策です。
花粉症対策とストレス
“ストレス”による病気は数多くあり、身体に悪いということは周知の通りですが、“花粉症”も例外ではありません。
花粉症対策とヨガ
“ヨガ”は“免疫バランス”を整えます。 “免疫バランス”は“花粉症”の症状と密接に関わっており、実際に“ヨガ”を始めたことで“花粉症”の症状が大きく改善されたという人が少なくありません。