スポンサードリンク

アロマやハーブで“花粉症”を対策しよう!

アロマテラピーが“花粉症”に効果があるというのを知っていますか?
アロマの香りやマッサージオイルだけで“花粉症”に効果があるなんて、なんか気休めっぽい感じもしますよね。日本ではあまり知られていませんが、海外の方(特にドイツ)では“メディカルアロマ”という感じで医学的にアロマが使用されているのです。そこで、“ネトル”というハーブが“アレルギー性”の症状を緩和させてくれるものとして、昔から愛用されているものなのです。

アロマのエッセンシャルオイルで、“花粉症”に効果があるものとして一番有名なのは“ティートリー”というオイルです。“花粉症”や風邪のときののどの消毒作用など、殺菌効果があるものとして知られています。

また、“花粉症対策”として“甜茶”を飲む人が増えています。また、シソの中にも“アレルギー”を抑えてくれる成分が含まれているようです。ですから、シソの“サプリメント”などが人気です。

以下に“花粉症”の症状緩和に効果があるアロマオイルをご紹介したいと思います。

【ユーカリ】
抗菌性が強くて、鼻などの粘膜の炎症を抑えてくれる効果があります。“ユーカリ”には“1.8シネオール”という炎症を抑えてくれる成分が多く含まれています。“ユーカリ”は感染症の治療に使われていたという話もあるほどで、現在ではのど飴や軟膏などの医薬品にも含まれているようです。

【ティートリー】
強い殺菌効果があり、免疫力を活性化してくれる作用も期待できるために、“花粉症”の対策にもなると思います。香りはすっきりしているために使いやすいのですが、苦手な人もいると思いますので試してみてから使ってみることをお勧めします。

“花粉症”対策と“ハーブ”

“ハーブ”は自然療法の一つとして長い歴史があり、世界中で多くの人に信頼されてきました。

“アロマセラピー”が植物の芳香成分を抽出してできた精油を活用するのに対し、“ハーブ療法”は“植物全体”をそのまま活用するものです。
“ハーブ”は療法として用いられるだけでなく、料理のスパイスや化粧品の原料としても私たちの生活に欠かせないものになっています。

欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くから“ハーブ”が用いられていました。

日本でも近年、“花粉症”で苦しむ人の増加によって、“ハーブ”の持っている力が注目されています。

その一つに“甜茶”があります。
“甜茶”の中の“甜茶ポリフェノール”という成分はヒスタミンの分泌を抑え、“花粉症”だけではなく、さまざまなアレルギーに効果があることが明らかになっています。

“甜茶”の他にも私たちの健康に役に立つ“ハーブ”が多くあります。
“花粉症”の症状の緩和に効果的なものには、“エキナセア”、“エルダーフラワー”、“ネトル”、“ペパーミント”、“ユーカリ”、“シソ”、“ヨモギ”などがあります。
それぞれ“ハーブ”には特性があり、自分の症状に合わせた“ハーブ”を選んで“ハーブティー”や“ハーブ湿布”などにして効果を得ます。
また、“ハーブ”の成分を抽出したサプリメントも多くの種類が出ており手軽に有効成分をとる手段として人気を集めています。

“ハーブ療法”は安全に行えば副作用はなく、自分や家族にできるケアとして、また自然の恵みを最大限に活かす手段として、家庭や医療の中でこれからも利用されていくものと思われます。

花粉症対策と“アロマセラピー”

“花粉症”の対策の一つに“アロマセラピー”による方法があります。

“アロマセラピー”とは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。
現在では香りや“癒し効果”にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。

“花粉症”の患者に処方される薬は“副作用”の出るものが多く、“副作用”が生活に支障をきたす場合も少なくありません。
“副作用”の少ない“アロマセラピー”は、近年多くの医療機関で取入れられています。

“アロマセラピー”の“精油”はアロマショップなどで簡単に手に入り、誰もが自ら取り扱うことができる点も魅力の一つですが、“精油”は薬と同等の機能をもつため慎重に取り扱うことが大切です。
また、高齢者や乳幼児、妊産婦などへの使用にあたっては医師やアロマセラピストに相談の上で行うようにします。

“アロマセラピー”による“花粉症”対策として次のような方法があります。

目がかゆい時、精油を作る際にできる“フローラルウォーター”で湿布します。

鼻水、鼻詰まり、くしゃみなどの症状には、粘膜の炎症を緩和する“ユーカリラジアタ”の精油をティッシュ等に落として吸入します。
また“ティートリー”、“カモミール”を“ホホバオイル”に薄めて首に塗ると症状が緩和します。

頭がぼーっとする時には、強壮刺激作用や神経刺激作用のある“レモン”、“ローズマリー”、“カンファー”、“ペパーミント”のいずれかをティッシュなどに落とし直接吸入します。

喉が痛む時には抗菌作用のある“ティートリー”、“ユーカリラジアタ”、“ゼラニウム”などでうがいをしたり、首に塗ってマッサージをします。

鼻のかみすぎなどで肌がかさつく時には、抗菌作用のある“ラベンダー”、新陳代謝を促進する“ゼラニウム”、皮膚のトラブルを緩和する“ローズウッド”で患部をマッサージします。

他にも“花粉症”に効果がある精油は多くあり、自分の好みや体調に合わせて香り選び、楽しみながら症状を緩和していくことが“アロマセラピー”の目的といえます。
スポンサードリンク
花粉症対策:内容紹介
花粉症と対策グッズ
洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが開発され、種類も多様化しています。
花粉症対策と食生活
“欧米型の食生活”が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えている可能性が考えられます。
花粉症対策と身近な食品
“花粉症”の人が積極的にとりたい食品は“温性食品”です。
花粉症対策と乳酸菌
“花粉症”対策のひとつとして最近話題となっているものに“乳酸菌”があります。
花粉症対策とお茶
“花粉症”対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものをご紹介します。
花粉対策とアロマセラピー
“アロマセラピー”とは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。 現在では香りや“癒し効果”にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。
花粉症対策とハーブ
欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くから“ハーブ”が用いられていました。 日本でも近年、“花粉症”で苦しむ人の増加によって、“ハーブ”の持っている力が注目されています。
花粉症対策と眼鏡
“花粉症”による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要で、それには“眼鏡”の着用が有効です。
花粉症対策とマスク
近年、薬局などの“マスク”売り場では多くの種類の“マスク”が並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。
花粉症対策と洗濯
“花粉症”の季節、“花粉症”の家族がいる場合は“洗濯方法”にも対策が必要です。
花粉症対策と掃除
“花粉症”対策の基本はこまめに“掃除”をすることにあります。
花粉症対策と外出
“花粉症”の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることで、ほとんど抑えることができます。
花粉症対策と妊婦
妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで“花粉症”でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、反対に“花粉症”が治ったりすることがあります。
花粉症対策とこども
“花粉症”が注目を集めた頃は、「小児に“花粉症”はみられない」という見解が一般的でしたが、現在では子供の“花粉症”は全く珍しくありません。
花粉症対策と花粉症緩和米
農林水産省では所轄の研究所で“スギ花粉症緩和米”の開発にむけて研究を行っています。 この“スギ花粉症緩和米”とは、“食べるだけで“花粉症”の症状がよくなる”という便利で画期的な米です。
花粉症の予防対策
体調管理や“体質改善”などでシーズンオフから予防対策をすることで、翌年の“花粉症”の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。
花粉症対策と東京都
東京都では総合的な“花粉症”対策を推進するために2005年に“花粉症対策本部”を設置しました。 “花粉症対策本部”では“花粉の少ない森づくり”を目指して様々な取り組みを行っています。
花粉症対策と体質改善
体質を改善することは重要な“花粉症対策”の一つです。 “体質改善”には日常の生活習慣を見直す必要があります。
花粉症対策と漢方薬
“花粉症”の有効な対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段として“漢方薬”があります。
花粉症対策と鼻呼吸
“花粉症”対策の一つとして“鼻呼吸”が注目を集めています。
花粉症対策と空気清浄機
“花粉症対策”として“空気清浄機”を選ぶときには“フィルター”つきであることが重要です。 花粉の大きさより細かい目の“フィルター”である必要があります。
花粉症対策と家電製品
近年、“花粉症”対策のさまざまな家電製品が発売されています。 年々性能も向上し、新しい機能がつきますます便利になっています。
花粉症対策とサプリメント
現代では野菜などの食品に含まれる栄養素の量が少なくなっているのも現実です。 昔と同じ栄養を今摂ろうとすると昔の何倍も量を食べなければならないのです。 そこで足りない栄養素を手軽に補うものが“サプリメント”です。
花粉症対策とプロポリス
“プロポリス”には多くの栄養成分が含まれています。その中でも“フラボノイド”は20種類以上含まれており、抗ストレス作用、殺菌作用など多くの働きがあります。
花粉症対策と目
“花粉症”の目の不快な症状は、“季節性のアレルギー性結膜炎”ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。
花粉症対策と鼻
“花粉症”は“アレルギー性鼻炎”の一つで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。
花粉症対策と肌
“花粉症”の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。
花粉症対策とスキンケア
“花粉症”が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しい“スキンケア”を行うことが重要な対策です。
花粉症対策とストレス
“ストレス”による病気は数多くあり、身体に悪いということは周知の通りですが、“花粉症”も例外ではありません。
花粉症対策とヨガ
“ヨガ”は“免疫バランス”を整えます。 “免疫バランス”は“花粉症”の症状と密接に関わっており、実際に“ヨガ”を始めたことで“花粉症”の症状が大きく改善されたという人が少なくありません。