スポンサードリンク

“花粉症”予防に乳酸菌を!

“花粉症”というのは、鼻や目の粘膜に花粉が入り“アレルギー”を引き起こす原因となる“アレルゲン”という抗原が体内に入ります。これを体内から追い出そうと戦うために体内で“ヒスタミン”という抗体を出して、“アレルゲン”を捕まえようとします。この“ヒスタミン”が体内に放出されるときに神経を刺激し、過剰反応を起こして涙が止まらなかったり、鼻水が止まらなかったりするものです。

乳酸菌を摂取すると体内にいわゆる“善玉菌”が増えます。“善玉菌”が増えると腸の中を健康にしてくれます。最近、この力が“花粉症”にも効果があると言われています。乳酸菌が含まれている食品の代表というとヨーグルトがありますよね。

ヨーグルトというのは牛乳にビフィズス菌などさまざまな乳酸菌を入れて発酵させたものです。この乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べると、腸内の粘膜にある穴を乳酸菌が埋めるように修復してくれます。こうすることで異物が入ってきたときに進入されにくくしてくれます。

ヨーグルトの原料は牛乳です。この牛乳も栄養がたくさんあると言われているもので、この栄養がたくさん含まれている牛乳に乳酸菌がプラスされてものすごいパワーがある食品になるのです。そしてこのパワーによって身体の免疫力がアップしたり、身体の中の毒素を排出してくれたりものすごい力があるのです。
(しかも、ヨーグルトにすることで牛乳よりも栄養分の吸収がよくなります。)

しかし、一度二度食べたところでこのパワーが発揮されるわけではありません。習慣として食べ続けることが大切です。食べ続けることで腸内の乳酸菌がいっぱいになります。この腸内いっぱいになったところでパワーがアップするというのです。

毎日乳酸菌を摂取して免疫力をアップし、“花粉症”の予防にも繋げるようにしませんか?

“花粉症”の抑制に効果がある食べ物

“花粉症”の症状というのは本当に辛く、鼻がグズグズしてしまったりして食べ物もおいしく食べられないですよね。この“花粉症”を悪化させないためには、レトルトやインスタントのような食べ物を摂取しないようにして、バランスの取れた食生活を心がけるようにすることがすごく重要になります。
欧米型の食事のような高タンパク質・高脂肪の食べ物をできるだけ摂取しないようにして、和食のような、もともと日本人の身体に合っている食生活をすることが、“花粉症”の症状を悪化させないための予防策だと思います。

“花粉症”の人が体内に余計な水分、たとえばアルコールなどが溜まっているのはいいことではありません。だからといって水分を一切取らないということではなく、アルコールやジュースなどの刺激物を控えるようにすればいいと思います。
(毎日1.5リットル以上の生水を飲むことが、“花粉症”対策になるとも言われています。)

では、“花粉症”に効く食べ物というのはどういうものがあるのでしょうか?
以下にご紹介したいと思います。

【緑茶】
緑茶の中に含まれている“カテキン”という成分が、“ヒスタミン”の量を調整する作用があると言われています。“ヒスタミン”というのは“アレルギー症状”を引き起こしている原因となるものです。この緑茶の“花粉症予防効果”を出すためには1日10杯以上飲まなければなりませんが、今度は“カフェインの摂りすぎ”というのが問題になってくる可能性もありますので、気をつけながら摂取するようにしましょう。

【シソ】
シソには“アレルギー症状”を抑える働きがある、“αリノレン酸”という成分が含まれています。摂取方法は生で食べるのがいいのですが、毎日生のシソを食べるというのは大変だと思いますので、市販されているものでいいのでシソエキスを抽出したジュースなどを飲んでみてはいかがでしょうか?

食事から“花粉症対策”をしよう!

“花粉症”というのは“アレルギー症状”が身体に出ている状態です。この症状を改善するためには、まず“アレルギー”の症状が出ないような“抵抗力”がある身体を作ることが大切なことだと思います。

それでは“抵抗力”がある身体を作るにはどうしたらいいのでしょうか?
身体を作るために最も必要で基礎的なものは食事です。これを機会に食生活を見直すことから始めてみませんか?

食事というのは、バランスよく規則正しい時間に取ることが大切です。食生活のバランスの理想は、一日30品目以上摂取するということです。30品目が無理だとしても、できるだけ多くの品目を摂取するように心がけることが大切です。
また、消化活動が毎日規則正しく行えるように、決まった時間に食事をとるということが理想的です。

日本人には日本人の体質にあった食事があります。できるだけ和食を食べたほうがいいと思います。また、食品添加物が多く含まれているインスタント食品などは避けたほうがいいですし、甘いもの、辛いもの、冷たいもの、アルコールなどの刺激物も控えたほうがいいと思います。

また、卵・肉・乳製品などを摂取しすぎると“花粉症”になる確率が高くなると言われていますので、なるべくなら適度な摂取を心がけるようにしてください。

“花粉症”に効果があるといわれる食事でお勧めのものは、身体が温まるような食事です。
穀類や芋類、豆類など、また調味料は自然のもの、甘味料は黒糖や蜂蜜など、昔から日本人が摂取してきたような食材を摂取するのがいいと思います。

“花粉症”対策とお茶

“花粉症”の季節になると“花粉症”対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものを次に取り上げました。

まず“緑茶”。“緑茶”に含まれるカテキンはがん予防としての効果が知られていますが、“花粉症”にも効果があることが分かってきました。
しかし効果を得るためには大量の“緑茶”を飲む必要があります。
大量に飲めない人は“うがい”に利用したり、カテキン成分を抽出したサプリメントで摂取する方法もあります。

“甜茶”は“花粉症”対策としては最もポピュラーなお茶で、耳鼻咽喉科臨床学会でも“抗アレルギー効果”が報告されている効果の高いお茶です。
“甜茶”に含まれる甜茶ポリフェノールという成分がヒスタミンの分泌を抑え、“花粉症”のみならずさまざまなアレルギーに効果を発揮します。
“甜茶”には種類がいくつかあるため、甜茶ポリフェノールが含まれているか確認して選ぶことが大切です。
また、“偽装品”が多くでているので注意が必要です。

テレビなどで取り上げられた人気のお茶、“べにふうき”も“花粉症”対策に効果が期待されています。
このお茶は日本の“べにほまれ”と中国の“ダージリン”を交配してつくられたもので、抗アレルギー成分の“ストリクチニン”を含んでいます。
実験で“べにふうき”を飲んだ約半数の“花粉症”患者の症状が改善されたという報告があります。

他にも“花粉症”に効果のあるお茶はドクダミ茶、ハトムギ茶、シジュウム茶、ルイボス茶、そば茶、ヨモギ茶、凍頂烏龍茶、柿の葉茶、タラ葉茶、スギナ茶など数多くあります。
いろいろ試した上で、自分の体に合ったお茶をみつけて毎日習慣的に飲むとよいでしょう。

“花粉症”対策と“乳酸菌”

“花粉症”対策のひとつとして最近話題となっているものに“乳酸菌”があります。

“乳酸菌”は私たちにとって有益な微生物の一つでさまざまな種類があります。
“乳酸菌”にはそれぞれ特性があり、その特性を活かしてヨーグルト、チーズなどの乳製品、また味噌やキムチなどの発酵食品に利用されています。

これまで“乳酸菌”といえば腸内環境を整えて便通をよくする働きが知られていました。

近年では飲料会社の研究により“花粉症”の症状を軽減する機能や、新しい種類が発見され注目を集めています。

その一つとして、キリンビールは2002年に高いアレルギー改善作用が期待される「KW乳酸菌」を発見しています。
またカルピス社は2006年に人工曝露実験によって「L−92乳酸菌」が鼻のかゆみ、目のかゆみといった“花粉症”の症状に効果があることを実証しました。

こういった“乳酸菌”を利用し、今後様々な“花粉症”対策の商品が開発されることが期待されています。

この“花粉症”に有効とされる“乳酸菌”は、細菌やウィルスを攻撃する“リンパ球Th1”とアレルギーの原因となる“リンパ球Th2”、この2つのバランスを保ち、アレルギー症状が起こりにくい環境をつくる働きがあります。
全ての“乳酸菌”にこのような機能があるわけではないため、ヨーグルトを食べて予防をしたいという場合にはヨーグルトに含まれる“乳酸菌”の種類を確認する必要があります。

“乳酸菌”の効果は即効性があるものではないため、花粉の飛散時期の1ヶ月前くらいから継続してとることが望ましいと言われています。
また、ヨーグルトを食べつづけると下痢を起こす人や、乳製品アレルギーの人はサプリメントタイプのものから摂取することもできます。

“花粉症”対策と身近な食品

“花粉症”の人が積極的にとりたい食品は“温性食品”です。
“温性食品”とは基本的に秋冬が旬のもの、根菜類、薬味などがあたります。
具体的にどんなものがあるかというと、野菜では、ネギ、ピーマン、タマネギ、ニンジン、レンコン、ショウガ、ニンニク、ジャガイモなど、肉なら、鶏肉、羊肉、魚なら、アジ、フグ、ウナギ、エビ、サバなどです。
こういった食品は身体を“温める”性質があり、“冷え”が大敵である“花粉症”に効果が期待されます。

また、“青魚”も多くとりたい食品の一つです。
“青魚”に含まれるDHAは炎症を引き起こす悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。
血行をよくし、アレルギー反応を抑制する働きをもつEPAも含まれており、“花粉症”の人には最適な食品といえます。
これらは体内で作ることはできないため、積極的に日々の食事からとるよう心掛けが必要です。

“青魚”以外では“鮭”も“花粉症”に効果的な魚です。
“鮭”の優れている点はDHA、EPAに加え、中枢神経の働きを正常にするビタミンB6を豊富に含んでいるということです。

また完全栄養食品として知られる“カキ(牡蠣)”も“花粉症”にもよい食材といえます。
“カキ(牡蠣)”に含まれるグリコーゲンは体力を回復させ、自然治癒力を高める効果があります。
そして亜鉛は鼻や目の粘膜を強化する働きがあります。

他にも“花粉症”に効果のある身近な食品は、玄米、ヨーグルト、きな粉、ピーナッツ、納豆、トマト、シソなど数多くあり現在も研究が進められています。

身近な食品による“花粉症”対策は、医師が処方する医薬品と違い副作用の心配が無く子供や妊婦に対しても安全といえます。
体質や“花粉症”のタイプによって効果の期待できる食品は違うため、自分でいろいろ試し自分に合った食品を見つけるとよいでしょう。

“花粉症”対策と食生活

“花粉症”の原因の一つに食生活があげられます。

戦後の日本ではそれまでの“魚と野菜中心の食生活”に代わって、“肉や魚を中心とした高たんぱく、高脂質の欧米型の食生活”が急激に広がっていきました。
この“欧米型の食生活”が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えている可能性が考えられます。

“油”の問題もその一つです。
日本人はもともと“油”をあまりとらない人種ですが、食生活の欧米化にともない料理で使われる機会が大幅に増えました。
“油”は私たちが生きていくのに欠かせない栄養素を持っていますが、“油”の取りすぎは血液を“ドロドロ”にしたり、“炎症を強めたり”身体に悪影響を及ぼしたりします。

そのため“花粉症”の人は“油”を使用する場合にはオリーブオイルを使い、揚げ物、ドレッシング、マヨネーズ類を取り過ぎないように気をつけることが大切です。
こういったものを取らなくても、必要な“油”は通常の食事で不足することはありません。

また“砂糖(白砂糖)”、“チョコレート”などを口にする機会が増えたことも問題の一つです。
“砂糖”は免疫力を低下させ、“花粉症”をはじめとする、多くの病気の原因になっています。

“花粉症”の人は、甘いものが食べたい時には、果物、ドライフルーツ、また“砂糖”の変わりにハチミツ、黒砂糖を使うなどして“砂糖”を控えるよう心がけましょう。

かつて日本はご飯と魚、野菜、味噌やしょうゆなどの発酵食品が毎日の食事でした。
この伝統的な組み合わせこそが栄養のバランスに優れ、日本人の体質に合った食事なのです。
“花粉症”には昔ながらの日本の食生活を見直すことが有効な対策といえるのです。
スポンサードリンク
花粉症対策:内容紹介
花粉症と対策グッズ
洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが開発され、種類も多様化しています。
花粉症対策と食生活
“欧米型の食生活”が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えている可能性が考えられます。
花粉症対策と身近な食品
“花粉症”の人が積極的にとりたい食品は“温性食品”です。
花粉症対策と乳酸菌
“花粉症”対策のひとつとして最近話題となっているものに“乳酸菌”があります。
花粉症対策とお茶
“花粉症”対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものをご紹介します。
花粉対策とアロマセラピー
“アロマセラピー”とは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。 現在では香りや“癒し効果”にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。
花粉症対策とハーブ
欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くから“ハーブ”が用いられていました。 日本でも近年、“花粉症”で苦しむ人の増加によって、“ハーブ”の持っている力が注目されています。
花粉症対策と眼鏡
“花粉症”による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要で、それには“眼鏡”の着用が有効です。
花粉症対策とマスク
近年、薬局などの“マスク”売り場では多くの種類の“マスク”が並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。
花粉症対策と洗濯
“花粉症”の季節、“花粉症”の家族がいる場合は“洗濯方法”にも対策が必要です。
花粉症対策と掃除
“花粉症”対策の基本はこまめに“掃除”をすることにあります。
花粉症対策と外出
“花粉症”の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることで、ほとんど抑えることができます。
花粉症対策と妊婦
妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで“花粉症”でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、反対に“花粉症”が治ったりすることがあります。
花粉症対策とこども
“花粉症”が注目を集めた頃は、「小児に“花粉症”はみられない」という見解が一般的でしたが、現在では子供の“花粉症”は全く珍しくありません。
花粉症対策と花粉症緩和米
農林水産省では所轄の研究所で“スギ花粉症緩和米”の開発にむけて研究を行っています。 この“スギ花粉症緩和米”とは、“食べるだけで“花粉症”の症状がよくなる”という便利で画期的な米です。
花粉症の予防対策
体調管理や“体質改善”などでシーズンオフから予防対策をすることで、翌年の“花粉症”の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。
花粉症対策と東京都
東京都では総合的な“花粉症”対策を推進するために2005年に“花粉症対策本部”を設置しました。 “花粉症対策本部”では“花粉の少ない森づくり”を目指して様々な取り組みを行っています。
花粉症対策と体質改善
体質を改善することは重要な“花粉症対策”の一つです。 “体質改善”には日常の生活習慣を見直す必要があります。
花粉症対策と漢方薬
“花粉症”の有効な対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段として“漢方薬”があります。
花粉症対策と鼻呼吸
“花粉症”対策の一つとして“鼻呼吸”が注目を集めています。
花粉症対策と空気清浄機
“花粉症対策”として“空気清浄機”を選ぶときには“フィルター”つきであることが重要です。 花粉の大きさより細かい目の“フィルター”である必要があります。
花粉症対策と家電製品
近年、“花粉症”対策のさまざまな家電製品が発売されています。 年々性能も向上し、新しい機能がつきますます便利になっています。
花粉症対策とサプリメント
現代では野菜などの食品に含まれる栄養素の量が少なくなっているのも現実です。 昔と同じ栄養を今摂ろうとすると昔の何倍も量を食べなければならないのです。 そこで足りない栄養素を手軽に補うものが“サプリメント”です。
花粉症対策とプロポリス
“プロポリス”には多くの栄養成分が含まれています。その中でも“フラボノイド”は20種類以上含まれており、抗ストレス作用、殺菌作用など多くの働きがあります。
花粉症対策と目
“花粉症”の目の不快な症状は、“季節性のアレルギー性結膜炎”ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。
花粉症対策と鼻
“花粉症”は“アレルギー性鼻炎”の一つで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。
花粉症対策と肌
“花粉症”の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。
花粉症対策とスキンケア
“花粉症”が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しい“スキンケア”を行うことが重要な対策です。
花粉症対策とストレス
“ストレス”による病気は数多くあり、身体に悪いということは周知の通りですが、“花粉症”も例外ではありません。
花粉症対策とヨガ
“ヨガ”は“免疫バランス”を整えます。 “免疫バランス”は“花粉症”の症状と密接に関わっており、実際に“ヨガ”を始めたことで“花粉症”の症状が大きく改善されたという人が少なくありません。