スポンサードリンク

“花粉症対策”にマスク!

“花粉症”の時期になると、街中でマスクをしている人を多くみかけます。“花粉症”の人にとってはあの辛い症状を少しでも軽減させようとマスクをつける人が多いようです。会社の中でもよく見かけますしね。

“花粉症”対策用の商品というのは本当に色々出ていますよね。その中でも断トツで売れているのが“マスク”だそうです。その中でも“花粉症”の人用のマスクで、花粉進入防止機能がついているマスク(使い捨て)が一番の売れ筋商品だそうです。
マスクをしていると、中がこもって息苦しいというイメージがありますが、メントールのカプセルが入っているもの、アロマの香りがするものなど、精神的に落ち着くような工夫もされているマスクも売っているようです。

マスクの他に人気がある“花粉症対策用グッズ”としては、鼻洗浄スプレー、目薬、メガネなどたくさんあります。

しかし、“花粉症”を対策するためのグッズを購入するにはお金がかかりますよね。マスクなど手軽に手に入れられるものだったらいいのですが、高いものだと鼻洗浄器などを購入する人などもいるようです。また病院などに行き、薬や注射をする人もいます。これが重なってくるとなると、かなりの金額がかかってきますよね。この一人ひとりにかかる金額を“花粉症”の元となる杉を切ってしまうお金に変えてしまえばいいのに・・・とか安易なことを考えてみたりします(実際にはできませんが・・・)。

自分に合った“花粉症対策用グッズ”を購入して、“花粉症”の症状が軽減されるようにしたいものですね。

“花粉症”対策と“マスク”

“花粉症”の季節になると“マスク”をかけて外出している人を多く見かけます。
“マスク”は“花粉症”対策グッズとして欠かすことのできないアイテムの一つです。

“マスク”の役割は花粉やほこりなどの異物が鼻や口から入り込むのを防ぐことです。
“花粉症”の季節はインフルエンザの流行の時期でもあり、花粉を防ぐと同時にインフルエンザや風邪の予防にもなります。
また“マスク”を装着している本人がクシャミや咳をした時に周囲を不快な気持ちにさせないという役割もあります。

近年、薬局などの“マスク”売り場では多くの種類の“マスク”が並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。
“マスク”を選ぶ時に重視するべきことは「花粉が入り込まない構造になっているか」ということです。
「○○%カット」などと表示してある商品も多くありますが、実際には正面から来る花粉はカット率の通りに防御できても、鼻の上や頬の隙間から花粉が入ってくることが実験などで分かっています。
自分の顔の大きさにぴったりと合い、装着したときに隙間ができない“マスク”であることが何よりも大切です。

また、“マスク”本体や中のガーゼがこまめに取り替えられるような衛生的なものが望まれます。
一度“マスク”についた花粉は洗濯しても残るため、使い捨てや鼻口の接触部分が新しいものと取り替えられるものが便利です。

素材はガーゼより“不織布”の方が目が細かく花粉のカット率が高くなります。

最近の傾向として“立体構造”のものや、衛生的な“使い捨て”タイプが主流となっています。
“多層フィルター構造”や、“繰り返し使える耐久性のあるもの”、“直接鼻の中に入れるマスク”、また“保湿ができる濡れマスク”といったものまで開発されており、“マスク”は多様化しているといえます。

“花粉症”対策と“眼鏡”

“花粉症”による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要です。
それには“眼鏡”の着用が有効で、花粉飛散時期の外出には必ず“眼鏡”を着用し、さらに帰宅したら洗眼、目薬をすることで目のかゆみや炎症を予防することができます。

近年では“花粉対策ゴーグル”が開発され注目を集めています。
それはレンズのサイドにカバーがついたもので、目と“眼鏡”の隙間から花粉が入るのを完全に防ぐことができるようになっています。
近年では“眼鏡”の上からかけられるタイプやサイドに取り付けるカバー、またおしゃれなものなど様々な種類が出ています。

いつもコンタクトを装着している人は、“花粉症”の季節だけ“使い捨て”のタイプを用いるなど、常に清潔な状態を保つようにし、どうしても症状が改善されない場合には花粉の飛散時期だけでも“眼鏡”と併用することが望まれます。

“普通の眼鏡”でも着用することで目に入る花粉の量を約3分の1に減らすことができ、“花粉対策用の眼鏡”ではさらに約4分の1にまで減らすことができるといわれます。

“眼鏡”をしていてもちょっとした隙に花粉が目に入り込むことがあります。
そのときは洗眼して花粉をしっかり洗い流します。
“花粉専用の洗眼液”も市販されており、目のかゆみや炎症を抑える効果があります。
しかし“洗眼液”や付属の洗眼カップは不潔になりやく眼病の原因になることも少なくありません。
十分に注意して取り扱うことが大切です。
“洗眼液”がなくても水道のきれいな水で洗い流すことで、十分花粉を落とすことができます。

洗眼とメガネの着用は“花粉症”対策として習慣的に行いたいものです。

“花粉症”と対策グッズ

最近では毎年花粉の季節が近づくと、デパートや薬局に“花粉症対策グッズ”が目白押しの状態です。
洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが開発され、種類も多様化しています。

現代“花粉症”は多くの人が患う“国民病”であり、“花粉症”で苦しむ人にとって対策は重要です。
対策グッズが多く出ているということ事態は喜ばしいことなのですが、用心するべきことも多くあります。
それは国民病とまでいわれる“花粉症”を利用し、効果の疑わしい対策グッズが出回っているということです。
商品の話題性だけで科学的根拠の無いものも多くあります。
また、ある時期は良いとされていたものでも、数年でその評価が下がるということもよくあります。

“花粉症”対策グッズを購入する時には多くの情報で頭でっかちになるあまり、足元がみえなくなってしまうことがないように注意したいものです。
特に日本人は一つのものが注目されると、みんながそれを求めて突っ走る傾向があります。
薬局などで試すことができるものは試し、自分の身体に合うものを選ぶことが一番良い方法です。

“花粉症”対策グッズの売れ筋商品に服用タイプのものがいくつかありますが、服用タイプのものは個人個人の遺伝子パターンや“花粉症”の型で効き方が違ってくるものであり、効く人効かない人がいるため注意が必要です。

“花粉症”対策グッズはあくまでも補助的なものと考え、取扱説明書をよく読んで使用することが大切です。
そして情報に惑わされず、自分に合ったものを自分なりに考えて購入するということを心がけたいものです。
スポンサードリンク
花粉症対策:内容紹介
花粉症と対策グッズ
洗眼、点眼薬から掃除、洗濯用品、めがね、マスク、健康食品に至るまであらゆるものが開発され、種類も多様化しています。
花粉症対策と食生活
“欧米型の食生活”が栄養の取りすぎや食品添加物の増加、野菜不足など、アレルギー症状を引き起こすさまざまな問題を抱えている可能性が考えられます。
花粉症対策と身近な食品
“花粉症”の人が積極的にとりたい食品は“温性食品”です。
花粉症対策と乳酸菌
“花粉症”対策のひとつとして最近話題となっているものに“乳酸菌”があります。
花粉症対策とお茶
“花粉症”対策に色々なお茶が話題に上がりますが、その中でも実際に効果が期待されるものをご紹介します。
花粉対策とアロマセラピー
“アロマセラピー”とは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。 現在では香りや“癒し効果”にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。
花粉症対策とハーブ
欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くから“ハーブ”が用いられていました。 日本でも近年、“花粉症”で苦しむ人の増加によって、“ハーブ”の持っている力が注目されています。
花粉症対策と眼鏡
“花粉症”による目の不快な症状には花粉を目の粘膜に付着させない対策が必要で、それには“眼鏡”の着用が有効です。
花粉症対策とマスク
近年、薬局などの“マスク”売り場では多くの種類の“マスク”が並び、何がよいか選択に戸惑う人も多いようです。
花粉症対策と洗濯
“花粉症”の季節、“花粉症”の家族がいる場合は“洗濯方法”にも対策が必要です。
花粉症対策と掃除
“花粉症”対策の基本はこまめに“掃除”をすることにあります。
花粉症対策と外出
“花粉症”の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻をしっかりガードすることで、ほとんど抑えることができます。
花粉症対策と妊婦
妊娠中はホルモンバランスの変化によって、それまで“花粉症”でなかった人が突然発症したり、症状がひどくなったり、反対に“花粉症”が治ったりすることがあります。
花粉症対策とこども
“花粉症”が注目を集めた頃は、「小児に“花粉症”はみられない」という見解が一般的でしたが、現在では子供の“花粉症”は全く珍しくありません。
花粉症対策と花粉症緩和米
農林水産省では所轄の研究所で“スギ花粉症緩和米”の開発にむけて研究を行っています。 この“スギ花粉症緩和米”とは、“食べるだけで“花粉症”の症状がよくなる”という便利で画期的な米です。
花粉症の予防対策
体調管理や“体質改善”などでシーズンオフから予防対策をすることで、翌年の“花粉症”の症状を軽減し楽に過ごせるようになります。
花粉症対策と東京都
東京都では総合的な“花粉症”対策を推進するために2005年に“花粉症対策本部”を設置しました。 “花粉症対策本部”では“花粉の少ない森づくり”を目指して様々な取り組みを行っています。
花粉症対策と体質改善
体質を改善することは重要な“花粉症対策”の一つです。 “体質改善”には日常の生活習慣を見直す必要があります。
花粉症対策と漢方薬
“花粉症”の有効な対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段として“漢方薬”があります。
花粉症対策と鼻呼吸
“花粉症”対策の一つとして“鼻呼吸”が注目を集めています。
花粉症対策と空気清浄機
“花粉症対策”として“空気清浄機”を選ぶときには“フィルター”つきであることが重要です。 花粉の大きさより細かい目の“フィルター”である必要があります。
花粉症対策と家電製品
近年、“花粉症”対策のさまざまな家電製品が発売されています。 年々性能も向上し、新しい機能がつきますます便利になっています。
花粉症対策とサプリメント
現代では野菜などの食品に含まれる栄養素の量が少なくなっているのも現実です。 昔と同じ栄養を今摂ろうとすると昔の何倍も量を食べなければならないのです。 そこで足りない栄養素を手軽に補うものが“サプリメント”です。
花粉症対策とプロポリス
“プロポリス”には多くの栄養成分が含まれています。その中でも“フラボノイド”は20種類以上含まれており、抗ストレス作用、殺菌作用など多くの働きがあります。
花粉症対策と目
“花粉症”の目の不快な症状は、“季節性のアレルギー性結膜炎”ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状です。
花粉症対策と鼻
“花粉症”は“アレルギー性鼻炎”の一つで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)があります。
花粉症対策と肌
“花粉症”の季節には目、鼻だけではなく肌もまた多くのトラブルを起こします。
花粉症対策とスキンケア
“花粉症”が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しい“スキンケア”を行うことが重要な対策です。
花粉症対策とストレス
“ストレス”による病気は数多くあり、身体に悪いということは周知の通りですが、“花粉症”も例外ではありません。
花粉症対策とヨガ
“ヨガ”は“免疫バランス”を整えます。 “免疫バランス”は“花粉症”の症状と密接に関わっており、実際に“ヨガ”を始めたことで“花粉症”の症状が大きく改善されたという人が少なくありません。